親友Hちゃんの恋愛-4

素敵な恋してますか?

ブログをご覧いただき、ありがとうございます!
【サブリナ】です。

本日も、一緒に恋愛、人間関係について考えていきましょう。

 

さて、なんとなく解決策がわかってきました。
『Hちゃんの優先順位を上げる』
要は、友達より、趣味より多くの時間をHちゃんと過ごしたいと思わせる。

ここがキモだと考えました。

ですが、なかなか難しいもので。。

前の記事に書きましたが、
彼女の役割 癒し、性処理
処理なんて書くと違和感を感じる方もいると思いますが、もちろんそれだけではないです。
自分を受け入れてもらう事の安堵感や、柔らかな体の心地よさ。
それが好きな相手なら、気持ち良さは格別でしょう。
セックスは癒しだと思います。

セックスの刺激は強く、若い頃は(特に男性は)相手の心が好きなのか、体が好きなのかわからないけれど、会いたい!そして、体に触れたい!抱きたい!
そんな衝動で会いにくることもあるでしょう。

Hちゃんが引きずっている恋愛感覚は若い頃のもので、10代の恋愛パターン。
Hちゃんは相手が愛しているから毎日会いたいと言っている。と感じていたようですが、衝動は性欲という部分は大きかったと思います。

そして、多くの時間を共有すれば、信頼、絆、安心が生まれ、付き合いが安定する。
そんな流れだったのでは?と想像します。
恋人とはいえ他人。人付き合いとおなじですから。

なんだか、ロマンティックじゃないですが、ここは現実的に。

だとすると、
彼女の役割の癒しとセックス。
ここを求めてもらえばいいのではないか?

私は提案しました。
もし、彼が求めてきたら2〜3回断ってみて、その時は拒絶じゃなくて、『またこんどね』と優しく。
彼に、あれ?いつもと違うな。いつでもできると思ってたけど、そうじゃないんだ。と気が付いてもらおうよ。
そして、その後の行動をみてまた考えよう。

ですが彼女は、
そんなことをしたら本当になくなってしまう!
私がもっとアピールしてその気にさせればいい!と奮起

Hちゃんは頑張りました。
下着に凝ったり、ムードを作ったり、時には自らお泊まりを提案したり。
。。。
努力むなしく、笑顔でスルーされたり、お金がないからと泊まりも拒否。
下着に至っては、脱がされないことには威力が発揮されません。

そして、ついにはほぼ体の関係のない付き合いになっていきました。

そんな状況にHちゃんはさらに不安になって行きます。
抱かれない私は不必要なのではないか?
女として魅力がないのではないか?
もう捨てられるのではないか?

大胆な行動をする割に、ガラスのハートのHちゃん。
2人の付き合いはさらにこんがらがって行きます。

それはまた、次の記事で。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中